2018年04月19日一覧

オスを抹殺する細菌にあらがう昆虫:抵抗性進化を観測

カオマダラクサカゲロウという昆虫の一種に“オス殺し細菌”スピロ プラズマが高頻度で感染しており,オスが極端に少ないことを明らかにしました.さらにその 5 年後に再度調査を行ったところ,クサカゲロウがオス殺しに対する遺伝的抵抗性を迅速に進化させたために,野外集団のオスが復活したことをつきとめました.

膜タンパク質のダイナミックな構造変化を解明

細胞内に流れ込む水素イオンをエネルギーとしてさまざまな生命活動に利用する膜タンパク質の3次元構造の決定に成功しました。これにより、膜タンパク質がダイナミックに構造を変化させることで活性化する新しい作動機構を発見しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク