2018年4月17日 | テック・アイ技術情報研究所

2018年04月17日一覧

養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境負荷はもっと小さいことが判明

豚・牛の尿汚水処理で発生する温室効果ガスおよびメタンの実測に基づいて、排出係数を算出し直しました。現行では排出係数が過大に見積もられており、現行の推定値と比べて41%少なくなりました。国の新たな基準として採用される予定です。