2018年4月13日 | テック・アイ技術情報研究所

2018年04月13日一覧

チオプリン製剤の重篤な副作用の予測に有用である世界初の体外診断用医薬品の開発に成功

炎症性腸疾患、白血病、リウマチ性疾患、臓器移植後の治療におけるチオプリン製剤の重篤な副作用の予測に有用なNUDT15遺伝子多型を検出するキットを開発し、世界で初めて体外診断用医薬品として製造販売承認を取得しました。