8K技術の医療応用で世界初の臨床試験実施

スポンサーリンク

8K新腹腔鏡システムの大腸がん手術での実用化に向け前進

2018/03/14

国立研究開発法人国立がん研究センター
一般財団法人NHKエンジニアリングシステム オリンパス株式会社
株式会社NTTデータ経営研究所

国立研究開発法人国立がん研究センターと一般財団法人NHKエンジニアリングシステム、オリンパス株式会社、株式会社NTTデータ経営研究所は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構「8K等高精細映像データ利活用研究事業」の支援により開発した8Kスーパーハイビジョン技術(以下、8K技術)
を用いた腹腔鏡手術システムで、大腸がん患者を対象とした臨床試験を開始しました。この臨床試験で安全性および有用性を確認した後、先進医療での実施を目指し準備を進めます。

本プロジェクトは、8K技術を用いた新腹腔鏡手術システムの開発と、実用化・普及を目指し、2016年度より開始しています。2017年度においては、新腹腔鏡手術システムの試作品が完成し、動物実験や医療機器安全性検査等を通して性能を検証してきました。その結果、腹腔鏡と8Kカメラ全体として解像度や色再現性、実物感など8K映像の性能を十分発揮できること(注1)、医療機器としての安全性(注2)を一定レベルで確保できることを確認しました。

8K技術の医療応用におけるヒトを対象とした臨床試験は世界で初めてで、2017年度は2例、2018年度は20数例に増やし検証を進めます。

試作した8K硬性内視鏡手術システム

試作した8K硬性内視鏡手術システム

8K硬性内視鏡手術システム 手術の様子1

8K硬性内視鏡手術システム 手術の様子2

解説

(注1)カメラシステムとしてはBT.2020準拠(7680×4320画素、広色域、10ビット階調)であり、腹腔鏡から8Kカメラまでのトータルシステムとして3600TV本の解像度を有する。

(注2)JIS T 0601-1(医療電気機器の安全):2014、JIS T 0601-1-2(EMC):2012、JIST0601-2-18(内視鏡としての安全性):2013の各規格の一部

参考

2016年11月15日リリース:8Kスーパーハイビジョン技術を医療応用する初の国家プロジェクト腹腔鏡手術システムでの実用化目指し始動

研究費

国立研究開発法人日本医療研究開発機構

  • 課題名
    「8Kスーパーハイビジョン技術を用いた新しい内視鏡(硬性鏡)手術システムの開発と高精細映像データの利活用」
  • 代表者
    国立研究開発法人国立がん研究センター 中央病院 大腸外科科長 金光 幸秀

報道関係からのお問い合せ先

国立研究開発法人国立がん研究センター
企画戦略局 広報企画室

一般財団法人NHKエンジニアリングシステム
開発企画部

オリンパス株式会社
広報・IR部 広報担当

株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括部 経営企画部
広報担当

スポンサーリンク
スポンサーリンク