ビッグデータで登山道を修正した地形図をはじめて公開

スポンサーリンク
登山者の移動経路情報で地形図の登山道が正確に(上高地、八ヶ岳)

2018/03/06  国土地理院

本日、民間事業者から提供された、登山者の移動経路情報などを活用して登山道を修正した地形図を、地理院地図ではじめて公開しました。
地形図の登山道がより正確になることで、登山者の安全や利便性の向上が図れます。


国土地理院では、地形図の登山道をより正確にするため、登山者の移動経路情報などのビッグデータの提供に関する協力協定を民間事業者(株式会社ヤマレコ、株式会社ヤマップ)と昨年12月に締結しました。
今回、協力協定を締結した民間事業者から提供されたビッグデータを活用して、「上高地」及び「八ヶ岳」地域の主な登山道を修正した地形図を、本日はじめて国土地理院のウェブ地図「地理院地図」で公開しました。
地理院地図URL https://maps.gsi.go.jp/
今回の地形図の修正は、登山者が多く大量の移動経路情報が利用できた上高地及び八ヶ岳地域の主な登山道を対象とし(参考資料―1)、登山者の移動経路と地形図の登山道が大きく異なる箇所を修正しています。これにより、これまで地形図に反映できなかった登山道の付け替え箇所などが正確に表示された地形図を提供できるようになりました(参考資料―2)。
今後、夏山シーズンに向けて、全国の主要な山域の登山道の修正を順次行い、より正確な登山道の情報を地形図に表示して公開していく予定です。

添付資料

image

imageimage

image

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院 基本図情報部
地名情報課長     大塚 孝治
地名情報課長補佐  水田 良幸

スポンサーリンク
スポンサーリンク