南極観測:越冬成立式・福島ケルン慰霊祭

スポンサーリンク

2018年2月20日 国立極地研究所 昭和基地

19広場にて越冬成立式を行いました

第59次越冬隊の越冬成立式が2018年2月20日に執り行われました。

既に2月1日から基地の維持・管理は59次隊が引き継いでいますが、越冬成立はそれに加えて、第59次隊が越冬する準備を完了し、第60次越冬隊に引き継ぐまでの約1年間、日本へ帰らずに基地を守るという意思表示でもあります。

越冬成立式では、越冬隊長から31名の越冬隊員が一人ずつ名前を呼ばれ、返事と共に一歩前に歩むことで越冬の意思確認が行われました。越冬隊員32名全員の意思確認が終わると越冬隊長から越冬成立の宣言がされました。

越冬成立式の後、史跡となっている福島ケルンで、第4次越冬隊に参加して基地で亡くなった故福島紳隊員に全員で黙祷をささげて福島慰霊祭とし、併せて越冬生活の安全を祈願しました。

我々第59次越冬隊は、どんなことがあっても32人が協力し、観測や基地の運営にあたる思いを強く決意した日となりました。

福島ケルンの前で慰霊祭を行いました

スポンサーリンク
スポンサーリンク