超広視野主焦点カメラ HSC の初期成果がまとまる

スポンサーリンク

2018年2月27日 国立天文台

図:日本天文学会欧文報告の特集号の表紙。

日本天文学会欧文報告の特集号の表紙。

すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラHyper Suprime-Cam(ハイパー・シュプリーム・カム、HSC)は、2014年のファーストライト以降、順調に観測を続けています。

国立天文台、東京大学などの研究チームは、満月9個分の天域を一度に撮影できるHSCの性能を生かし、従来のカメラでは観測が不可能だった暗い天体を、1000平方度(満月5000個分)もの広い天域に渡って高解像度で撮影する大規模な探査観測を進めています。このHSCによる観測データから、ダークマターの大局的な分布をこれまでにない精度で描き出し、加速膨張宇宙の謎に迫ろうとしています。この大規模な探査観測は、2019年の末まで続く予定です。

この度、最初の2年間の観測にもとづく初期結果がまとめられ、日本天文学会欧文報告の特集号として発刊されました。HSCで観測取得されたデータは、多くの研究分野で有用なものであり、上記特集号の40本の論文の研究テーマは、太陽系天体の探査から銀河、活動銀河核、銀河団、宇宙論まで、宇宙の全ての階層に渡っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク