トンガにおけるサイクロン被害に対する緊急援助

スポンサーリンク

供与物資の引渡し

2018年2月23日 国際協力機構

トンガ王国におけるサイクロン被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。
トンガに対し供与する緊急援助物資は、2月23日に首都ヌクアロファへ到着しました。同日16時(現地時間)よりトンガ緊急事態管理庁(NEMO)倉庫にて、トンガ側から、ポアシ・テイ自然災害担当大臣、レベニ・アホNEMO局長が、日本側から石井哲也駐トンガ大使、吉浦伸二JICAトンガ支所長らが出席し、同物資の引渡式を実施しました。
引渡式では、石井大使より、お悔やみ・お見舞いの言葉とともに、物資が被災者のために最大限に活用されることを願う旨を述べました。また、今後太平洋・島サミット、ラグビーワールドカップ、東京五輪等を通じ、国交樹立50周年となる2020年に向けて、同国との間でさらに友好関係を深めていく意向を表しました。
これに対し、テイ大臣より、トンガ政府は日本の効果的かつ迅速な対応に感謝しており、援助物資は今後NEMOの管理のもと、適切に地域に配布される旨の発言がありました。

以 上

【画像】

ヌクアロファに到着した物資

【画像】

引渡式の様子

スポンサーリンク
スポンサーリンク