土木施工支援システム(LANDRiV&LanDeco)

スポンサーリンク
副    題 3次元設計データを利用し、①TS(トータルステーション)とデータコレクタ(LANDRiV&LanDeco)。又は、②LANDRiVを搭載したTS(トータルステーション)。の一方を用いて高効率+高品質を実現する施工管理システム(出来形管理・丁張設置・路線設置・測量)。 区分 システム
分 類 1 土工 - 施工管理 - 施工管理 - 出来形管理
分 類 2 共通工 - 情報化施工  
開発会社 株式会社ニコン・トリンブル、株式会社建設システム

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

概要

①何について何をする技術なのか?
・土木測量(路線設置・丁張り・出来形管理)において、3次元設計データを入力したデータコレクタを使用し、着工前から完成検査まで常に設計データを常備し、既定断面または任意断面における設計データとの比較をリアルタイムに行いながら作業を行えます。また「TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(案)H22年3月」に対応しています。
②従来はどのような技術で対応していたのか?
・前もって現況測量、計算作業を行い、計算書を現場に持参してその数値を元に2次元的位置管理はTS(トータルステーション)で行い、標高管理はレベルにて作業していた。また、出来形管理に関してはレベル・テープにて計測していた。
③公共工事のどこに適用できるのか?
・土工、河川、道路、ダム等線形情報がある工事とする。

TS出来形観測の説明図

スポンサーリンク
スポンサーリンク