トゥルカナ持続可能な自然資源管理及び代替生計手段を通じたコミュニティのレジリエンス向上プロジェクト

トゥルカナ持続可能な自然資源管理及び代替生計手段を通じたコミュニティのレジリエンス向上プロジェクト

ODA(Project on Enhancing Community Resilience against Drought through Sustainable Natural Resources Management and Livelihood Diversification )

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)]
協力期間 2017年2月~2022年1月
事業 技術協力
課題 水資源・防災

プロジェクトの紹介

ケニアでは、干ばつや洪水などの自然災害が連続して発生し、牧草地帯の減少により牧畜民の生活基盤が不安定化しています。同国内で最も貧困率が高いトゥルカナ郡では、人口の6割が牧畜を生業としており、地下水や自然草地など自然資源への依存が高いため、干ばつの対応策として、持続可能な自然資源管理とともに、生計手段の多様化が求められています。この協力ではトゥルカナ郡において、牧畜民の行動特性および科学的な根拠に基づく地下水利用を通じた持続可能な自然草地管理と、対象コミュニティによる牧畜以外の代替え生計手段の確立を支援します。これにより、干ばつに対する適応能力(レジリエンス)の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

トゥルカナで過去に実施された日本の森林環境支援活動を調査(木炭生産活動)

プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)