2018年01月19日一覧

インパクトバリア

斜面崩壊により発生した崩壊土砂を柔構造防護柵で捕捉する待受け工である。衝撃エネルギーを吸収しながら崩壊土砂を捕捉するため、軽量構造である。GEOBRUGG AG、東亜グラウト工業株式会社

ハイジュールネット工法

大きな落石エネルギーをブレーキエレメント(緩衝装置)を用いて確実に吸収し、耐久性が高く部分的な補修ができて維持管理が容易な高エネルギー吸収型落石防止柵(ハイジュールネット)です。神鋼建材工業株式会社 、アイソフェール社(isofer ag)

マイティーネット工

斜面保護工法であり、法面成型等を行う事なく、落石さらには落石にともなう小規模斜面崩壊を防止。「足場等の仮設工が不要」「軽量部材でありモノレールによる資材運搬」等の効果が期待できる。東京製綱株式会社

マウントロックフェンス工

斜面中腹に設置可能な防護柵設置工で、本技術の活用により設置可能範囲の拡大および設置延長の短縮が図れ、廃土量の抑制が期待できる。東京製綱株式会社

プラクトフェンス

コンクリート基礎および足場工を不要とした、アンカー基礎による落石防護柵設置工であり、経済的で、自然地盤への影響を抑制した落石対策が期待できる。東京製綱株式会社

クロスグローブ工法

ポケット式落石防護網(ロックネット)の落石が衝突する金網部を補強した構造であり、コスト縮減が期待できる。東京製綱株式会社

鋼管杭式表層崩壊予防工法

不安定な移動層を突き抜き、安定した不動層にMF杭(鋼管杭)を挿入し、充填グラウトによって地盤に密着するように設置することで、不安定な移動層を補強し、表層崩壊を予防する工法である。

S・シールド

落石を対象とした防護柵工である。落石を受け止める柵面に衝撃を吸収しながらスライドする機構を設けることで、落石エネルギーを効率よく受け止め、落石災害を防止することができる。東京製綱株式会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク