インドナガランド州森林管理事業

ODA(Nagaland Forest Management Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インド [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印 2017年3月
事業 有償資金協力
借款契約額 62.24億円
課題 自然環境保全

プロジェクトの紹介

インド北東部のナガランド州は、州面積の約8割が森林に覆われ、同州で生活する住民は農業や森林資源に依存しています。特に伝統的に行われている移動焼畑耕作は主要な農林形態のひとつです。移動焼畑耕作は本来、10~12年間の休閑期間を取ることで土地の肥沃性や保水性をもたせるのです。しかし、近年農業労働者減少による耕作面積の減少と農作物の生産性の低下を補うため、休閑期間を5~6年に短縮しており、農作物の生産性が低下し、更なる耕作を求めて移動焼畑耕作地の規模が拡大するという悪循環に陥っています。この協力は、ナガランド州の移動焼畑耕作地において、住民参加型で植林などの森林保全活動と、植林の保育作業を行う共同森林管理組合への技術面や財務管理面の能力強化支援を行います。これにより、持続可能な森林環境保全及び地域住民の生計向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

  • 協力現場の写真