ミャンマー:貧困削減地方開発事業(フェーズ2)

ODA(Regional Development Project for Poverty Reduction Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印 2017年3月
事業 有償資金協力
借款契約額 239.79億円
課題 貧困削減

プロジェクトの紹介

ミャンマーの社会経済状況は未だ発展途上にあります。同国の貧困率も、2010年時点では25.6%とメコン諸国の中でもラオスに次いで2番目に高い数値です。道路、電力、給水分野の基礎インフラ整備がメコン諸国の中でも特に遅れており、基礎インフラ整備の遅れが住民の経済活動を制限し、主な貧困要因のひとつとなっています。また、地域・州間の経済格差が指摘されており、貧困率が高い地域・州こそ基礎インフラ整備率が低い傾向にあります。この協力では、ミャンマー全国(7地域7州)において生活基盤インフラ(道路・橋梁、電力、給水)の新設・改修・設置等を行います。これにより、地方部の住民の生活向上を図り、地方の開発・貧困削減に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

  1. 1.”>写真1
  2. 2.”>写真2
  3. 3.”>写真3
  4. 4.”>写真4
  5. 5.”>写真5
  • 協力現場の写真

    キャプション

    1. 給水セクター:計画水源(マンダレー管区:メティラタウンシップ)(写真提供:八千代エンジニアリング(株))
    2. 給水セクター:既存高架タンク(マンダレー管区:メティラタウンシップ)(写真提供:八千代エンジニアリング(株))
    3. 道路セクター:既存の地方道路(バゴー地域)(写真提供:八千代エンジニアリング(株))
    4. 道路セクター:既存の地方道路(エーヤワディ地域)(写真提供:八千代エンジニアリング(株))
    5. 電力セクター:変電所建設予定地(ラカイン州)(写真提供:八千代エンジニアリング(株))