小型ロケットSS-5205号機の打上げを延期します

スポンサーリンク

経済産業省からの委託によりJAXAが開発した小型ロケットSS-520 5号機について、本年12月28日(木曜日)に予定されていた打上げが延期されることとなりました。

趣旨

経済産業省では、超小型衛星の需要増加を見据え、我が国の民生部品・技術等を活用した価格競争力のある小型ロケット・超小型衛星等を開発することを目的として、宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(民生品を活用した宇宙機器の軌道上実証)を実施しています。

本事業の一環として、JAXAは、本年12月28日(木曜日)にSS-520 5号機をJAXA内之浦宇宙空間観測所の射場から打ち上げる予定でしたが、射場での点検作業時においてSS-520 5号機の搭載部品の一部に不具合が確認され、対策には相応の時間を要することから、打上げが延期されることとなりました。

なお、新たな打上げ日については、決定し次第お知らせいたします。

【SS-5205号機主要諸元】〔全長〕9.54m  〔直径〕0.52m(代表径)〔全備重量〕2.6ton 〔燃料〕固体燃料〔段構成〕3段式 〔打上げ能力〕低軌道に4kg以上〔打上げ場所〕内之浦宇宙空間観測所〔打上げ方式〕ランチャ滑走方式(吊下げ式) ※写真は、SS-5204号機のもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク