イプシロンロケット3号機、1月17日打ち上げへ

スポンサーリンク

2017年12月8日(金)

JAXAは、「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」を搭載するイプシロンロケット3号機について、電気系統の確認のため、2017年11月12日の打上げを延期しておりました。 原因究明・対策を行い、イプシロンロケット3号機の打上げ日を2018年1月17日(水)、打上げ予定時間帯を6時00分頃~6時35分頃(日本標準時)に決定しました
イプシロンロケットはこれまで2回の打ち上げを行ってきましたが、今回の3号機では小型液体推進系(PBS)を搭載したオプション形態での飛行実証を行い、イプシロンロケットとして初めて搭載衛星を太陽同期準回帰軌道に投入します。また、新たに開発した低衝撃型衛星分離機構の実証も行う予定です。
JAXAは当日、内之浦宇宙空間観測所での打ち上げの様子をライブ中継する予定です。詳細は本日オープンした特設サイトにて、決まり次第お知らせいたします。

イプシロンロケット3号機のフライトシーケンスCG動画が完成しました。

この映像では、打ち上げから衛星分離までの一連の流れをCGでご紹介致します。ぜひご覧ください。

イプシロンロケット・プロジェクトチームに応援メッセージを送ろう!

JAXAは、「イプシロンロケット3号機」のプロジェクトメンバー、ミッションへの応援メッセージを募集しています。プロジェクトメンバーの大きな心の支えとなる、あなたからの応援メッセージをぜひお送りください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク